非電源ゲーム研究会WebSite

非電源ゲーム研究会とは

活動目的

 非電源ゲームと呼ばれる物には、数学力を高めるゲーム、人との「交渉」を必要とするゲーム、チームで協力するゲーム、ひとりでじっくり考えるパズルゲームなど実に様々な種類のゲームが存在しています。

 当サークルではその国内外のさまざまな非電源ゲームを通じて、異文化に触れ、心身を鍛え、論理的なものの考え方や柔軟な物の見方を身につけ、人とのコミュニケーション能力の向上をはかる事を目的とし活動しています。

活動内容

 通常は、サークル内でゲームをプレイし、そのゲームについての評価、考察などを行い、学祭などのイベントとサークルのサイトを通じて、それらを外部へ発信します。
 また、サークル独自の非電源ゲームを製作し、日頃の成果を形にすることも考えています。
 サークル内で扱っているゲームの競技会があった場合には、それに参加することもあります。

 なお、このサークルで扱う非電源ゲームは主にカードゲームとボードゲームを指し、トレーディングカードゲーム、将棋や囲碁や麻雀などは活動の対象外です。

活動日/場所

 毎週月曜日に教室(主にA棟402教室)を借りて部会を行っております。
 また、部会以外では火曜日を除く平日の放課後に学生会館4Fのフリースペースを利用して活動を行っています。

年間予定

 年間予定のページをご覧下さい。

電気通信大学非電源ゲーム研究会c2009
表示はWindows7 Opera,GoogleChrome,Firefox で確認しています。